1番星ヒーロー

ただ佇んでいるだけで

涙の決壊の先をおしえて

決壊した。

耐えられなかった、涙が零れていくのを。

 

悪い涙じゃなくて、安堵と、期待と、輝き、

それから、そう思えた自分に、嬉しくて。

 

 

 

 合同クリエで初めて宇宙Sixのパフォーマンスを生で見た。

 1つ前の記事の通り私は、そこに大好きな人が選択して存在しているんだから良いに決まってるのに、好きになりたいのに、そうなれずにぐずぐずして、そんな自分が嫌だった。

 

 

それが、一瞬でね、本当にステージはすごいね。

 

 

 Crazy Moonでコンサートの中心となって歌って踊る姿があまりにもかっよ良くて、圧倒的で、ぽかーんって、そしたらTAKE ME HIGHERとhair。宇宙Sixの曲。

グループがグループとしてパフォーマンスする姿にもう宇宙Six最高じゃんって、自分なにぐずぐずしてたんだ、最高に強くてかっこよくてついて行きたいじゃん、って。それで涙がね、出そうだったけど耐えた。涙で見えなかったんじゃ意味ないし!

 

 シャッフルメドレーがクリエメドレーになって、

クルトンThey武道だった。

MADE IN JAPANとVanillaの時点ではメンバーが違うことに気づいてなかった(レポ読んだはずなのに記憶力…)クルトンで走って来たシルエットが、どう考えても林くんで、でも林くんがクルトンにいないのは知ってて、何がなんだか混乱しているうちに照明がついて、そこにはThey武道がいた。

 

 

 

 何だろうね、これ、何でここで決壊したのか。

 宇宙Sixがかっこ良くて、愛しのぜいにさよならを告げる瞬間だったからかなって思ったけど、別にさよならしなくてもいいんだと、連れて行ってもいいんだよ、ちゃんと一緒だよって、そんな風に思えて、

気持ちを汲み取ってくれるし、それを表現してくれるし、でもそれはちゃんと宇宙Sixとしてグループになった時で、否定せずに全てを包み込んでくれた宇宙Sixの器の大きさに、決壊した。

 

 宇宙Six最後のDaylight、わたしの妄想と欲望による見解だけれど

宇宙Sixとファン両者にむけて贈ってくれたように感じた。自分たちを鼓舞するように、押し上げるように、力強く温かく、私たちを引っ張ってくれるような、道しるべを記してくれるような、優しく輝く感覚を覚えながら見ていた。彼らの正直で誠実な姿そのもの。

 

 

"もう勝ち目なんて全くない状況" でも

"未来へ誓って" いけば

"過去が未来を照らしてく" から

"消えそうな勇気を 今持ってる君へ 届けこの想いよ Zero to Goal"

 

 

 

一緒に歩んでいきたい、君たちがいてくれるのならば。

 

 

 

 

宇宙Six

 

宇宙よりずっと深くて広い、魅力溢れる6人に引き込まれて気づいたら宇宙の星になってる。もう、我に返る頃には6人のもの。

 

 

そう、

みんなは宇宙Sixのもの!宇宙Sixはみんなのもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、星じゃなくて気づいたらエイリアンになるんだった。暫定ね(笑)

(05.28追記)

They武道と宇宙sixのおはなし。

宇宙sixが結成されて半年が経ったのと、ジャニーズ銀座・宇宙six単独公演が始まる前に書いておかないと意味がないかな、という今までの気持ち。

 

 

私は増員やメンバー編成についての噂をキャッチしていなかったので、心の準備があるはずもなくThey武道結成8周年をお祝いして、嵐ツアーのレポ待ちをしていた。ら、宇宙sixという新しいグループができたと。メンバーはTheyの3人と松本くんと原くんと目黒くんの6人。

 

えっ?なんで?

 

が1番に思ったこと。そして絶望して悲しくて辛かった。

強そうなグループ名の通り強くてかっこよくて先輩にも後輩にも仲間にも持たれている仕事っぷりや信頼感・安定感が大好きで、そんな部分とは裏腹にグループの持つ空気感やメンバー感の雰囲気が大好きで、ふわふわ小さい3人組という肩書(勝手にそう言っていただけ)も大好きで、ファンに優しくて聞きたい、見たいと思うものを表現してくれる所も、全部、全部大好きで、1度聞いたら衝撃的な名前すら愛おしくて…2016年はほとんど一緒の現場がなくてさみしかったけどそれでも3人が大好きだった。そんな大好きなグループがなくなったことが単純に悲しかった。宇宙sixになったことよりThey武道がなくなったことへの衝撃が大きくて、そのことしか頭になかった。

今回のツアーは行かないと決めていたのでこれ以上They武道がない事実を突きつけられたくなくて、とにかくSNSをシャットアウトして情報が入らないように逃げていた。見れば宇宙sixとして立つ3人とThey武道がない事実を直視しなければならないから。新しいグループになって、嫌々ステージに立つなんてことが許される世界ではないことはわかっていた、と思っていたけれど全然分かっていなくて、まさか自分の好きなグループに関わってくるとも思っていなかったのです。

そんな気持ちと同じくらい自分は何も見ていないのに言及するのは失礼だし、答えは全てステージにある精神なので自分の目で見るまでは何も言ってはいけないと思った。そしてなにより大好きな3人が決めた未来を否定していることが嫌で、負の感情ばかり湧いてくる自分が憎くかった。事実も見たくないしそんな自分にも落胆してとにかく辛くてしんどかった、だから逃げました。あと、超小声で言うと宇宙sixって。。。。They武道より。。。。みたいな気持ちもありました。

 

 

そして2017年はやってきて、歌舞伎のお知らせが来た。今年も出演は林くん一人。

去年と同じだ。

そしてクリエがあって、夏のお知らせに宇宙sixの名前はない。

ねぇ、同じだよ・・・?6人になった意味ってなに?

と、未だにもんもんとしてしまう時もありますが、林くんの「増えた意味がないって思われないように、ここから変えていかないとって思ってる。」という言葉を聞いて待つのみであるし、江田くんの「自分たちで決めたこと、信じてついてきてください」という言葉を聞いてついていくのみだし、亮ちゃんの「人数が多かったらもっといいコンサートが作れる」という言葉を聞いて見るしかない、ので、クリエで全てのもんもんとした気持ちを吹き飛ばしてきたいと思っています。

 

ただ、They武道というグループは跡形もなく消滅させられると思い込んでいたが、メディアで名前が出ているのを見て、出してもいいんだ!という喜びがあったのは気持ちを前向きにさせてくれた要因の1つでもあります。

 

林くんを好きになって、少しずつ江田くん、亮ちゃん、They武道を知っていき最終形態として3人とも大好きになって、グループとしても大好きになっていったので、宇宙sixのことも心の底から大好きになれるように精進したいと思っていますし、全ての負の原因は自分にある!!というのがクリエ前に残しておきたかった気持ちです。

 

最期に

宇宙six 結成半年おめでとう!(少し過ぎてる)

 

 

 

26歳も世界で一番

 

 

林くん、お誕生おめでとうございました。(遅れすぎ)

当日はお友達と一緒におめでとうって言って、ケーキも食べたよ。プレートにしょうたくんて名前書いてもらって、2と6のロウソクも忘れずにね。

 

 

 26歳も世界で一番かっこよくて、かわいくって、アイドルで、ファンの子を喜ばせる天才で、温かく真面目な人なんだろうなぁ。

って思ってます。

 

 

あとね

 

 

世界で一番ファンの子に甘いんだろうなぁ。

 

 

とも思ってます。

 

 

 

林くんのこと大好きです。

 

 

お誕生日おめでとう

☆*:.。.o(≧▽≦)o.。.:*☆ 

広告を非表示にする

好きになった瞬間

 

 

 

 

はやしくんを好きだと言い出したのは2014年の9月頃だった。

 

 

2014年1月1日 ジャニヲタ復活

その理由はあまりに驚くもの、夢だった。ただ夢に出てきた人が素敵で、内容が素敵で、そのまま好きになってただいまジャニーズといった感じ。だけどあまりに唐突で彼のことを何も知らなくて、そこから友人が沢山話してくれた人を好きになった。(ここの期間約2ヶ月強)(人に影響されやすすぎる)たまたま夢の彼を好きな頃に、コンサートがもうすぐあるよっていうお知らせをもらって、チケットを取った。そのコンサートに好きになった彼がいつもは付かないのに付いてて、(その後も結構付いてた)もう運命だ!と勘違いして夢中になってた。その夢中の彼がPLAY ZONEにも出演していて、友人一押しのお仕事だからと聞きDVDを貸してもらって見た。

 

 

そこで初めて、林翔太という人を見た。でも林翔太という名前はまだ知らなくて、ただ夢中の彼と同じ曲に出ていて、はやしくんが抜かれていたから見ただけ。見たというより目に入ったといった方が正しいかもしれない。そんな出来事。その時の記憶は曖昧だけどはやしくんを目に入れて、あっ、ってなった。それでこのあっ、は好印象のあっ、だった気がする。(そうだったと思いたすぎて記憶が変わっているかもしれない)

 

 

2014年夏 PLAY ZONE

行く前にネットで出演者を分かりやすく説明、みたいなの見たと思うんだけど夢中の彼の所属グループの子しか情報が入ってきていなかった...実際見に行った時も夢中な彼を見ることに必死で、それだけで精一杯。はやしくんのことは0.3秒も見てない。愛なんだで幸大に目を奪われた。思わず、あの右のかっこいい人誰?って聞いちゃうくらいかっこよかった。そのあと少しお熱だったなぁ(単純)ヒロキとのハイタッチが忘れられなくて、ヒロキにもお熱だったなぁ(単純)

 

幸大とかヒロキとかしーくんとかにお熱な頃、私ははやしくんにもお熱になり気味だった模様。自覚はなかったけど。このあたりで一気にはやしくんの画像を保存していた。(気になる人ができると画像検索をする習性がある)

 

 

2014年8月12日 優馬イベント

CDを買ったらお話が聞けて握手もしてくれた。ジャニヲタ5人で行ってわいわいと盛り上がり優馬くんの人柄に感動しとても楽しい思い出。CDを買うのに並んでいた時は色んな子の話をしていた。でもはやしくんの話はしたかなぁ?というくらい、はやしくんへのお熱は一旦下がっていたのだと思う。

 

 

 

2014年8月末

私の誕生日に夢中な彼を教えてくれた友人が色紙をプレゼントしてくれた。そこの文末に夢中な彼と、幸大と、しーくんと、はやしくんの名前が並んでて(ヒロキどこいった!?)やっぱりお熱は下がってなかったのかな?なんて、だけどこの時色んな子に夢中な彼はやめたの?って聞かれたら全力で大好きだよ!1番は夢中な彼だよ!って答えてた。(はず)

また、違う友人達がプレゼントしてくれたアルバムに、ずっとお話し聞いてくれていた友人からのメッセージに、私は夢中な彼が好きな方がいいって書いてあったので、もう外から見たら私ははやしくんに惹かれていて、大好きだったのだろう。気づいていないのは自分だけ。

 

 

そして9月頃に、自分ははやしくんの事ばかり話すようになっていて、夢中な彼は夢中だった彼になっていて、それでも粘ろうとして。だけど、だめだった。もう完全にはやしくんの虜。っていうのをやっと自覚。

 

 

 

それから、嵐についていたことを知って、持っているDVDを全部見返して必死に探して、PLAY ZONEももうはやしくんにしか目がいかなくなって、友人が貸してくれた年のを見返したら、あの時の!あっ、ってなった人だ!と仰天して倒れた。

 

 

 

明確な瞬間は見当たらないけど、もしかしたら自分のどこかで初めて見た時から好きだったのかもなぁ、なんて。すぐ運命感じたがるから…(呆)夢の彼からはやしくんまでころころと転げ落ち、あれよあれよという間に、という早さだったけれど、夢の彼も夢中な彼も大切で出会えてよかったなぁ、って。それぞれの彼を好きだった時は一人一人に真剣だったから。そして、はやしくんに出会わせてくれてありがとう、って。感謝してます。

 

 

 

2014年12月 嵐ツアー

はやしくんを好きになって初めての現場。実質生のはやしくんは初めて。行く前にレポをたくさん読んだ。はやしくんの最初の出演曲、予習した通りの位置に現れたはやしくんはその日の1度だけの近い距離。(はやしくんの立ち位置が私の席の近くだった)あの、あのはやしくんがいる...。所作の全てが美しく、かっこよく、それでいて顔はめちゃくちゃ可愛い。どの瞬間も見逃したくないし忘れたくないから初めて買った双眼鏡は、はやしくんがステージに居る限りずっと目元。MCの初めに前半のメモも書いた。(ごめんなさい、MCのお話はちゃんと聞いてました)はやしくんは智くんが好きで、ソロには絶対に付かせてもらってるって(本人が)言ってた大本命の一曲も最高にかっこよかった。震える程に。にのに構ってちゃんな後輩なはやしくんは小動物でしかなくて(あの一体まとめて小動物であった)悶絶。GUTS!で下がって来るステージ上の翔くんを見つめて目があった瞬間の弾ける笑顔はかわいいよぉってもう泣きわめきたい可愛さ。たくさん踊って、ファンの子のうちわに応えて、口ずさんでる全てが嬉しかった。あと、衣装が全部良かった、特にピンクの衣装を着てるはやしくんはピカイチで好きの気持が溢れだした。ピンクが世界一似合う!はやしくんにピンク渡した人とは仲良くなそう!なんて。ただただハッピーな世界。

 

 

 

 

こんな風にはやしくんとの出会いの年は過ぎました。

個人的には2013年のはやしくんのビジュアルが好きだから2012年には好きになっていて、2013年のお仕事は全部その時のその瞬間で見たかったけど、いや、はやしくんのお仕事は全部。でも、今だから言える願望かなって。

 

 

これからのお仕事は見ていけたらうれしいです。

私にとって、1番星でヒーローなはやしくん。

どんな時だって輝いていて、色んなエネルギーをくれる人。

ありがとう、と、よろしくお願いします。

広告を非表示にする