1番星ヒーロー

ただ佇んでいるだけで

The Follow me 感想文

 

 

お題箱からいただいたものをこっちに書くというなんとも迷惑な行為を行っています。

120文字じゃ収まらないんじゃぁ。

 

以下亀梨和也さんソロコンサート感想文はやしくん編

 

 

00'00'16

 黒スーツにハット。めちゃくちゃ似合っていてスマート。はやしくんは階段に座ってポーズをとるんだがかっこよさが突き抜けてる。お顔は俯きがちで見えない。曲が始まって踊り始めてハットを袖に投げるんだけど、はやしくんハット投げるのが天才的に上手。真っ直ぐ横にスパッ!!!っと投げ入れる。

 

離さないで愛

 前の曲終わりが亀梨君を宇宙が囲ってしゃがみこんだ形。椅子をはかす係りのはやしくん。はやしくんがはかすと倒れる亀梨くんなので若干申し訳ない気持ちになる。双眼鏡でずっと見てたから特効見れたことないっていうか毎回特効の存在忘れてて音にわかりやすく驚く。

 

Plastic tears

 これ好き!!!!!!!まず曲初めてジャケット脱いで袖に入れてネクタイ緩めながら戻って来る、ネクタイ緩めながら戻って来る。しかも片手で。天才か。ゆうてはやしくんはあんまり緩められてない。第一ボタンくらい?りょちゃんはめちゃめちゃ緩まってた。あれぐらいいっててもいいかな~~~~とも思ったけどその所作見れただけで感謝感激。てかこの衣装の時のネクタイ長くない?

サビの振付が好きだから無条件にテンション上がる。間奏のセクシーダンスは片方の手で頭から顔体と撫でて両手で波を表現するような動きしながら反るのがはやしくんのお決まり。大体これやってる。女優みたいで美しいイメージ。

 

DREAM BOYS

 カズヤを探しに客席降りしたはやしくん「カズヤ見ませんでしたか!?」言い方がはじめてのおつかい。かわいい。こんなかわいい子に真っ直ぐな瞳でそんなこと言われたら死んじゃう。聞かれたお姉さん誰も倒れてなかったな!すごい!とか思ってた。その後の「見てない!!!!」もすこぶるかわいいね?二階席も探してくれる。

ボクシングするはやしくんもえー!っていうはやしくんもやりましょうよー!っていうはやしくんもかわいい。ドリボ懐かしいな、茶髪恋しいな。

 

宇宙Six自己紹介

 4日は原ちゃんが一発芸。はやしくんは何してたか忘れました。顔は抜群にかわいかった。

 5日昼は色々荒れ狂った(私が)原ちゃん一発芸リベンジで滑る。亀梨先輩に呼ばれる走って正座する宇宙さん。かわいい。亀梨君のアドバイス聞いてる時のはやしくんのお顔は上目遣いのあざといやつ。あのかわいいやつ。顔が可愛すぎて注意する内容忘れるやつ。たぶんはやしくんはあざとい顔してるの無意識でやってるしそんな顔してること知らない。罪な男だぜ!二回目原ちゃんがするとき胸の前でお願い事する時のお手てしながら見つめる。優しい可愛い好き。またもや亀梨先輩に招集される。走りながら上手チームを手招きしてて好きだった。三回目はピンキーリング触りながら見つめる、が、ギブアップになり亀梨先輩が繋いでおいてくれるので(優しい)相談する。本気で相談はじめる宇宙さん愛しいしはやしくんは江田君のうで触ってた気がする。亀梨先輩がキンキさんの愛のかたまりを歌ってくれて、それを聞いた宇宙さんはやしくんを押し出す。はやしくんハモる(めちゃくちゃうまい)もう一度仕切り直してサビを二人で歌う。一発芸はやしくんに当たったのが嬉しかったし、ここで後輩スイッチ入ったはやしくんお兄さんなはやしくんまでも堪能できて感情が荒狂った。

 5日夜はりょちゃんが一発芸。その後宇宙さんの楽屋再現で楽屋に戻ってきて早々お布団を胸まで掛け、裾を持ちながら豪快ないびきをかき寝るはやしくんフェアリーにもほどが。

 

INTO MIND

 初め林くんがセンターなのが胸あつな一曲

 

Lost My Way

 棺桶開け閉め係りの林くん。えんじ色のもしゃもしゃの衣装がだぼっとしていてフード被ってるのが超かっこいい。フード脱ぐまでの振付が好きで、細かくリズム踏んでるの。曲が終わって亀梨君を仰向けに持ち上げる時ちょっと重そうな顔する。感情が表情に自然と出ちゃうタイプなのかわいい。歌舞伎の五右衛門のはしご担ぐ時もこの顔してる。

 

1582

 衣装が和服なのが好き。亀梨君から傘受け取る係り。フライング見守る時も姿勢よく真っ直ぐ前を向いているの。この曲の1番の注目ポイントは布を扱う林くん。調子がいい時は布に手を滑らす形で操作するが、思ったように布が動かないと洗濯物を干すときにバンッ!ってやるみたいに力で操作する。え、男じゃない?好きじゃない?うん好きですありがとうございます。5日のお昼が1番扱いにくそうだった。そしてバク転もこの曲。徹底解剖の時は克服できないものにバク転あげていて、する気もないって言ってたのにやってた~~~。左ひじが5日の夜は少し曲がっていたけど私が見た3回ともちゃんとできていました!天才!!そして殺陣もある。初めは亀梨君の味方設定。刀ではなくて長い竿みたいなの持ってる。途中はやりょだけで殺陣をするシーンは嬉しかった。

 

星の光る空

 水を表現した演出。曲初めで水色の布を持った林くんが上手から下手へ駆け抜けます。林くん足速い。そのままスタッフさんへ布を渡して捌けていくんですがここの布の受け渡しが早いしスムーズで毎回関心していた。宇宙は順番に1人ずつ水の中から飛び出てきて踊ってまた水の中に戻っていく。林くんは5番め。全体的にクラシックよりの振付で全員好きだったが特に林くんの振りの一部が好きだった。右手で水面をなでて両手で水を掬いあげ空中に解き放つ。ここの解き放つときに水は魔法の粉に変わってる!!!林くんが掬った手を頭上で回転させているのでここに何か意味があるのではないかと思っている。他の5人は袖からハイハイで自分の出てくる位置まで移動するのに林くんは普通に中腰で歩いて出てくる。ちょっとハイハイする林くん見たかったなぁ・・・

 

青春アミーゴ

 フラメンコちっくな振付と衣装。目黒君と江田君のだいちゅうの土台をする。4日に江田君飛ばしたあと目黒君と目合わせてにこーって笑ったのすごいかわいい。これいつもかと思いきや4日しかしていなかったので何かあったはず。後ろ向いて正座で反るのがなんか好き。

 

someday for somebody

 後半宇宙登場1曲目。ここまではセクシーやかっこいい、などといった曲や演出が多くにこにこ笑顔はなかなか見られずここにきてやっと林くんのかわいい顔して踊るぞ曲。ほんっとかわいい。彼は可愛い表情で踊ることに長けています。普通に笑顔で踊っていてももちろんかわいいけどアイドルなんでもういっちょ乗っけてくるあざとさ。この曲では小道具を使うのもポイント。小道具をこんなに可愛く扱えるの世界で林くんだけってくらいかわいい。白ズボンにカラーシャツを着こんでいます。下から青・緑・ピンク・白。この4枚重ねしてる時のもふもふ林くん超かわいい。それで手を斜め上下から胸の前で合わせる時の顔がね!!かわいい!!ここ!本当に!上手上段で早替えしてピンクになる。このピンクの時点でもう林くん身体すっきりしてて本当に着こんでるの?と疑いたくなったが緑・青になるにつれてちゃんと細くなっていくから着こんでいた。ていうか身体が細い。美しいね。ピンクの時は傘を使用。林くんは片手で持って空いた手はぽっけに添える派。江田君が両手で持つ派。緑の衣装ではリボンを使用。すっごいリボン似合う。かわいいの真骨頂。妖精が舞っていた。緑から青に変わる時は初め目黒君が布を持って隠れて出てくるときは林くんが布をはかす係り。ずっとシャツのボタン閉めてたのに青の衣装だけ第一ボタンあき。

 

ずっと

 星空の流星を表したような演出で基本暗い。下手上段でボール動かしたりするから階段の上り下り転ばないか心配だった。暗くて顔が見ずらい時は金髪の山本君を目印に対称を見れば林くんなので山本君金髪でいてくれてありがとう!

 

Follow me

 エロい振付らしく行く前に色んな人のレポを読んでいたが林くんについては割と少なくイメージがつかめなかったが、この曲における林くんの第一印象は女優。映画などで美しく描かれるような美しさ。手と表情と纏う空気感で表現してる感じ。他の人も少し見てみたけど動きのエロさ、という視点で見れば林くんは全然エロくないけれどちゃんとエロい。何言ってんだ自分。白のノースリーブに白のシャツを羽織っているので、肩がよくはだけていた、白くて細いので儚さをも纏っている。ここでも林くんのセクシーモーションのデフォが見られた気がする。でもアクセントの様にめちゃくちゃかっこいいところも出してくる。来いよの手でくいっとする所と口元をぬぐう所がお気に入り。所作のかっこよさもそうだけど、顔がかっこよくなるんですよ。いつも林くんの顔かわいいかわいい言ってるけどめちゃくちゃかっこいい。ずっと見ていたいかっこよさ。

 

VANILLA KISS

 白の布を一人一枚使用した一曲。布を肩からかけ胸の前で交差する時に林くんは両肩をすっぽり収める。肩幅が狭く華奢なのでとても儚く見え、守ってあげたくなる。また、林くんは顔の角度を付ける時に肩を通したり目線を鼻筋を通して決めるのが上手だと思っているのでこの曲でも肩をポイントに踊っていて純情な色っぽさを感じた。

 

中越しのチャンス

 登場からずばぬけて可愛い。足後ろに蹴りながら下手に居る山本君とアイコンタクトしてるからね?!踊っても可愛い。ここはにっこにこ笑顔で踊りも可愛い系に変えてくる。Tシャツからお腹が頻繁にちらりする。スキの文字はス担当。it's ok の時は下手、上手、2階と方向にばらつきを持たせてくれる。どの方角に向いていても可愛い。この曲に関しては可愛いしか出てこない双眼鏡のぞきながらかわいいって言っちゃう。

 

Wonderful world

 4日前髪おチョンボしてた亀梨君が林くんに(ゴム)取って!取って!と言ってくれたおかげでモニターにゴムを取る林くんが映し出されました(歓喜)ちなみにお願いされた時も取ってる最中もずっとにこにこしてる林くんかわいい天使。丁寧に取っているのか、ヘアゴムの扱いに慣れていないのか、とにかくもたもたしてて中々取れないのもかわいいの極み。長時間モニターに映っていたし私は良かったと思います!♡作る振付がきゅんしました。

 

この後バンド紹介宇宙紹介などがある訳ですが、5日夜に亀梨先輩宇宙より先に捌けようとして止められて、亀梨先輩が戻ってきてくれるように客席煽る林くんの所作の可愛さがね、両手挙げてぴょんぴょんしてるの。えっかわいい・・・超笑顔。お腹も超見えてる。風邪引かないようにね?沢山汗かいてるだろうし冷やさないようにね?

 

 

 

 

以上セットリスト順に思い出のある曲をピックアップして書きました。言葉にできない瞬間も沢山あるのでこれが全てではありませんが、思ったより長くなってしまった。本当に楽しかったし新しい林くんがたくさん見れた気がします。どんな林くんも好きという感情しかわかずいつも幸せをくれるので今回も感謝の気持ちでいっぱいになりました。いつもありがとう林くん!大好きでーす!残りもまだあるので健康第一で怪我なく最後まで頑張ってね。

広告を非表示にする

They武道と宇宙sixのおはなし。

宇宙sixが結成されて半年が経ったのと、ジャニーズ銀座・宇宙six単独公演が始まる前に書いておかないと意味がないかな、という今までの気持ち。

 

 

私は増員やメンバー編成についての噂をキャッチしていなかったので、心の準備があるはずもなくThey武道結成8周年をお祝いして、嵐ツアーのレポ待ちをしていた。ら、宇宙sixという新しいグループができたと。メンバーはTheyの3人と松本くんと原くんと目黒くんの6人。

 

えっ?なんで?

 

が1番に思ったこと。そして絶望して悲しくて辛かった。

強そうなグループ名の通り強くてかっこよくて先輩にも後輩にも仲間にも持たれている仕事っぷりや信頼感・安定感が大好きで、そんな部分とは裏腹にグループの持つ空気感やメンバー感の雰囲気が大好きで、ふわふわ小さい3人組という肩書(勝手にそう言っていただけ)も大好きで、ファンに優しくて聞きたい、見たいと思うものを表現してくれる所も、全部、全部大好きで、1度聞いたら衝撃的な名前すら愛おしくて…2016年はほとんど一緒の現場がなくてさみしかったけどそれでも3人が大好きだった。そんな大好きなグループがなくなったことが単純に悲しかった。宇宙sixになったことよりThey武道がなくなったことへの衝撃が大きくて、そのことしか頭になかった。

今回のツアーは行かないと決めていたのでこれ以上They武道がない事実を突きつけられたくなくて、とにかくSNSをシャットアウトして情報が入らないように逃げていた。見れば宇宙sixとして立つ3人とThey武道がない事実を直視しなければならないから。新しいグループになって、嫌々ステージに立つなんてことが許される世界ではないことはわかっていた、と思っていたけれど全然分かっていなくて、まさか自分の好きなグループに関わってくるとも思っていなかったのです。

そんな気持ちと同じくらい自分は何も見ていないのに言及するのは失礼だし、答えは全てステージにある精神なので自分の目で見るまでは何も言ってはいけないと思った。そしてなにより大好きな3人が決めた未来を否定していることが嫌で、負の感情ばかり湧いてくる自分が憎くかった。事実も見たくないしそんな自分にも落胆してとにかく辛くてしんどかった、だから逃げました。あと、超小声で言うと宇宙sixって。。。。They武道より。。。。みたいな気持ちもありました。

 

 

そして2017年はやってきて、歌舞伎のお知らせが来た。今年も出演は林くん一人。

去年と同じだ。

そしてクリエがあって、夏のお知らせに宇宙sixの名前はない。

ねぇ、同じだよ・・・?6人になった意味ってなに?

と、未だにもんもんとしてしまう時もありますが、林くんの「増えた意味がないって思われないように、ここから変えていかないとって思ってる。」という言葉を聞いて待つのみであるし、江田くんの「自分たちで決めたこと、信じてついてきてください」という言葉を聞いてついていくのみだし、亮ちゃんの「人数が多かったらもっといいコンサートが作れる」という言葉を聞いて見るしかない、ので、クリエで全てのもんもんとした気持ちを吹き飛ばしてきたいと思っています。

 

ただ、They武道というグループは跡形もなく消滅させられると思い込んでいたが、メディアで名前が出ているのを見て、出してもいいんだ!という喜びがあったのは気持ちを前向きにさせてくれた要因の1つでもあります。

 

林くんを好きになって、少しずつ江田くん、亮ちゃん、They武道を知っていき最終形態として3人とも大好きになって、グループとしても大好きになっていったので、宇宙sixのことも心の底から大好きになれるように精進したいと思っていますし、全ての負の原因は自分にある!!というのがクリエ前に残しておきたかった気持ちです。

 

最期に

宇宙six 結成半年おめでとう!(少し過ぎてる)

 

 

 

26歳も世界で一番

 

 

林くん、お誕生おめでとうございました。(遅れすぎ)

当日はお友達と一緒におめでとうって言って、ケーキも食べたよ。プレートにしょうたくんて名前書いてもらって、2と6のロウソクも忘れずにね。

 

 

 26歳も世界で一番かっこよくて、かわいくって、アイドルで、ファンの子を喜ばせる天才で、温かく真面目な人なんだろうなぁ。

って思ってます。

 

 

あとね

 

 

世界で一番ファンの子に甘いんだろうなぁ。

 

 

とも思ってます。

 

 

 

林くんのこと大好きです。

 

 

お誕生日おめでとう

☆*:.。.o(≧▽≦)o.。.:*☆ 

広告を非表示にする

好きになった瞬間

 

 

 

 

はやしくんを好きだと言い出したのは2014年の9月頃だった。

 

 

2014年1月1日 ジャニヲタ復活

その理由はあまりに驚くもの、夢だった。ただ夢に出てきた人が素敵で、内容が素敵で、そのまま好きになってただいまジャニーズといった感じ。だけどあまりに唐突で彼のことを何も知らなくて、そこから友人が沢山話してくれた人を好きになった。(ここの期間約2ヶ月強)(人に影響されやすすぎる)たまたま夢の彼を好きな頃に、コンサートがもうすぐあるよっていうお知らせをもらって、チケットを取った。そのコンサートに好きになった彼がいつもは付かないのに付いてて、(その後も結構付いてた)もう運命だ!と勘違いして夢中になってた。その夢中の彼がPLAY ZONEにも出演していて、友人一押しのお仕事だからと聞きDVDを貸してもらって見た。

 

 

そこで初めて、林翔太という人を見た。でも林翔太という名前はまだ知らなくて、ただ夢中の彼と同じ曲に出ていて、はやしくんが抜かれていたから見ただけ。見たというより目に入ったといった方が正しいかもしれない。そんな出来事。その時の記憶は曖昧だけどはやしくんを目に入れて、あっ、ってなった。それでこのあっ、は好印象のあっ、だった気がする。(そうだったと思いたすぎて記憶が変わっているかもしれない)

 

 

2014年夏 PLAY ZONE

行く前にネットで出演者を分かりやすく説明、みたいなの見たと思うんだけど夢中の彼の所属グループの子しか情報が入ってきていなかった...実際見に行った時も夢中な彼を見ることに必死で、それだけで精一杯。はやしくんのことは0.3秒も見てない。愛なんだで幸大に目を奪われた。思わず、あの右のかっこいい人誰?って聞いちゃうくらいかっこよかった。そのあと少しお熱だったなぁ(単純)ヒロキとのハイタッチが忘れられなくて、ヒロキにもお熱だったなぁ(単純)

 

幸大とかヒロキとかしーくんとかにお熱な頃、私ははやしくんにもお熱になり気味だった模様。自覚はなかったけど。このあたりで一気にはやしくんの画像を保存していた。(気になる人ができると画像検索をする習性がある)

 

 

2014年8月12日 優馬イベント

CDを買ったらお話が聞けて握手もしてくれた。ジャニヲタ5人で行ってわいわいと盛り上がり優馬くんの人柄に感動しとても楽しい思い出。CDを買うのに並んでいた時は色んな子の話をしていた。でもはやしくんの話はしたかなぁ?というくらい、はやしくんへのお熱は一旦下がっていたのだと思う。

 

 

 

2014年8月末

私の誕生日に夢中な彼を教えてくれた友人が色紙をプレゼントしてくれた。そこの文末に夢中な彼と、幸大と、しーくんと、はやしくんの名前が並んでて(ヒロキどこいった!?)やっぱりお熱は下がってなかったのかな?なんて、だけどこの時色んな子に夢中な彼はやめたの?って聞かれたら全力で大好きだよ!1番は夢中な彼だよ!って答えてた。(はず)

また、違う友人達がプレゼントしてくれたアルバムに、ずっとお話し聞いてくれていた友人からのメッセージに、私は夢中な彼が好きな方がいいって書いてあったので、もう外から見たら私ははやしくんに惹かれていて、大好きだったのだろう。気づいていないのは自分だけ。

 

 

そして9月頃に、自分ははやしくんの事ばかり話すようになっていて、夢中な彼は夢中だった彼になっていて、それでも粘ろうとして。だけど、だめだった。もう完全にはやしくんの虜。っていうのをやっと自覚。

 

 

 

それから、嵐についていたことを知って、持っているDVDを全部見返して必死に探して、PLAY ZONEももうはやしくんにしか目がいかなくなって、友人が貸してくれた年のを見返したら、あの時の!あっ、ってなった人だ!と仰天して倒れた。

 

 

 

明確な瞬間は見当たらないけど、もしかしたら自分のどこかで初めて見た時から好きだったのかもなぁ、なんて。すぐ運命感じたがるから…(呆)夢の彼からはやしくんまでころころと転げ落ち、あれよあれよという間に、という早さだったけれど、夢の彼も夢中な彼も大切で出会えてよかったなぁ、って。それぞれの彼を好きだった時は一人一人に真剣だったから。そして、はやしくんに出会わせてくれてありがとう、って。感謝してます。

 

 

 

2014年12月 嵐ツアー

はやしくんを好きになって初めての現場。実質生のはやしくんは初めて。行く前にレポをたくさん読んだ。はやしくんの最初の出演曲、予習した通りの位置に現れたはやしくんはその日の1度だけの近い距離。(はやしくんの立ち位置が私の席の近くだった)あの、あのはやしくんがいる...。所作の全てが美しく、かっこよく、それでいて顔はめちゃくちゃ可愛い。どの瞬間も見逃したくないし忘れたくないから初めて買った双眼鏡は、はやしくんがステージに居る限りずっと目元。MCの初めに前半のメモも書いた。(ごめんなさい、MCのお話はちゃんと聞いてました)はやしくんは智くんが好きで、ソロには絶対に付かせてもらってるって(本人が)言ってた大本命の一曲も最高にかっこよかった。震える程に。にのに構ってちゃんな後輩なはやしくんは小動物でしかなくて(あの一体まとめて小動物であった)悶絶。GUTS!で下がって来るステージ上の翔くんを見つめて目があった瞬間の弾ける笑顔はかわいいよぉってもう泣きわめきたい可愛さ。たくさん踊って、ファンの子のうちわに応えて、口ずさんでる全てが嬉しかった。あと、衣装が全部良かった、特にピンクの衣装を着てるはやしくんはピカイチで好きの気持が溢れだした。ピンクが世界一似合う!はやしくんにピンク渡した人とは仲良くなそう!なんて。ただただハッピーな世界。

 

 

 

 

こんな風にはやしくんとの出会いの年は過ぎました。

個人的には2013年のはやしくんのビジュアルが好きだから2012年には好きになっていて、2013年のお仕事は全部その時のその瞬間で見たかったけど、いや、はやしくんのお仕事は全部。でも、今だから言える願望かなって。

 

 

これからのお仕事は見ていけたらうれしいです。

私にとって、1番星でヒーローなはやしくん。

どんな時だって輝いていて、色んなエネルギーをくれる人。

ありがとう、と、よろしくお願いします。

広告を非表示にする