1番星ヒーロー

ただ佇んでいるだけで

They武道と宇宙sixのおはなし。

宇宙sixが結成されて半年が経ったのと、ジャニーズ銀座・宇宙six単独公演が始まる前に書いておかないと意味がないかな、という今までの気持ち。

 

 

私は増員やメンバー編成についての噂をキャッチしていなかったので、心の準備があるはずもなくThey武道結成8周年をお祝いして、嵐ツアーのレポ待ちをしていた。ら、宇宙sixという新しいグループができたと。メンバーはTheyの3人と松本くんと原くんと目黒くんの6人。

 

えっ?なんで?

 

が1番に思ったこと。そして絶望して悲しくて辛かった。

強そうなグループ名の通り強くてかっこよくて先輩にも後輩にも仲間にも持たれている仕事っぷりや信頼感・安定感が大好きで、そんな部分とは裏腹にグループの持つ空気感やメンバー感の雰囲気が大好きで、ふわふわ小さい3人組という肩書(勝手にそう言っていただけ)も大好きで、ファンに優しくて聞きたい、見たいと思うものを表現してくれる所も、全部、全部大好きで、1度聞いたら衝撃的な名前すら愛おしくて…2016年はほとんど一緒の現場がなくてさみしかったけどそれでも3人が大好きだった。そんな大好きなグループがなくなったことが単純に悲しかった。宇宙sixになったことよりThey武道がなくなったことへの衝撃が大きくて、そのことしか頭になかった。

今回のツアーは行かないと決めていたのでこれ以上They武道がない事実を突きつけられたくなくて、とにかくSNSをシャットアウトして情報が入らないように逃げていた。見れば宇宙sixとして立つ3人とThey武道がない事実を直視しなければならないから。新しいグループになって、嫌々ステージに立つなんてことが許される世界ではないことはわかっていた、と思っていたけれど全然分かっていなくて、まさか自分の好きなグループに関わってくるとも思っていなかったのです。

そんな気持ちと同じくらい自分は何も見ていないのに言及するのは失礼だし、答えは全てステージにある精神なので自分の目で見るまでは何も言ってはいけないと思った。そしてなにより大好きな3人が決めた未来を否定していることが嫌で、負の感情ばかり湧いてくる自分が憎くかった。事実も見たくないしそんな自分にも落胆してとにかく辛くてしんどかった、だから逃げました。あと、超小声で言うと宇宙sixって。。。。They武道より。。。。みたいな気持ちもありました。

 

 

そして2017年はやってきて、歌舞伎のお知らせが来た。今年も出演は林くん一人。

去年と同じだ。

そしてクリエがあって、夏のお知らせに宇宙sixの名前はない。

ねぇ、同じだよ・・・?6人になった意味ってなに?

と、未だにもんもんとしてしまう時もありますが、林くんの「増えた意味がないって思われないように、ここから変えていかないとって思ってる。」という言葉を聞いて待つのみであるし、江田くんの「自分たちで決めたこと、信じてついてきてください」という言葉を聞いてついていくのみだし、亮ちゃんの「人数が多かったらもっといいコンサートが作れる」という言葉を聞いて見るしかない、ので、クリエで全てのもんもんとした気持ちを吹き飛ばしてきたいと思っています。

 

ただ、They武道というグループは跡形もなく消滅させられると思い込んでいたが、メディアで名前が出ているのを見て、出してもいいんだ!という喜びがあったのは気持ちを前向きにさせてくれた要因の1つでもあります。

 

林くんを好きになって、少しずつ江田くん、亮ちゃん、They武道を知っていき最終形態として3人とも大好きになって、グループとしても大好きになっていったので、宇宙sixのことも心の底から大好きになれるように精進したいと思っていますし、全ての負の原因は自分にある!!というのがクリエ前に残しておきたかった気持ちです。

 

最期に

宇宙six 結成半年おめでとう!(少し過ぎてる)